CATEGORY

AGA、薄毛の遺伝に関して。

AGA、薄毛は遺伝による影響が強いとされています。

主に二つの遺伝による要素があります。

①5αリダクターゼ(薄毛の原因となるDHTを誘導する酵素)の活性

②アンドロゲン(男性ホルモン)レセプターの感度

この二つは遺伝に影響されます。

①の5αリダクターゼ活性が高いと薄毛の原因となるDHTが多く産生され薄毛、AGAとなります。

②のアンドロゲンレセプターの感度が高いとレセプターのDHTへの感受性が高くなり薄毛、AGAとなります。

親族に薄毛の方がいる場合は薄毛になる可能性が高くなりますが、治療により予防、改善することができます。

 

もし、薄毛、AGAの不安がある方はベアAGAクリニックにご相談ください。必ずお力になります。

ベアAGAクリニック院長 清水崇裕

 

 

おすすめ記事