CATEGORY

AGA、薄毛治療はいつまで続ければいいの?薄毛治療の出口。

AGA

こんにちは。ベアAGAクリニック院長の清水崇裕です。

 

今回は薄毛治療はいつまで続けなくてはいけないのか

ということについてお話します。

______________

目次

①結論

②具体的にはどういった治療が必要になるのか

③治療全体の流れ

④フィナステリドとは

⑤まとめ

______________

①結論

結論から言いますと

AGAの方は毛髪を維持したいのであれば治療を継続する必要があります。

しかし、その際にかかるコストは軽微です。(当院では月2500円)

副作用も軽微で安全な治療法です。

 

②具体的にはどういった治療が必要になるのか

フィナステリドというお薬の内服による毛髪の維持療法となります。

維持療法とは文字通り現状の毛髪を維持していく治療法となります。

AGA治療は最終的にこの維持療法を目指していきます。

 

③治療全体の流れ

治療全体の流れとしては

1⃣AGAと診断

2⃣発毛治療

3⃣フィナステリド内服による維持療法

となります。

まず発毛させてから、維持療法に移るということですね。

今回はこの3⃣フィナステリドによる維持療法のお話をしました。

 

④フィナステリドとは

フィナステリドは2型5-α還元酵素を阻害して、男性ホルモンであるテストステロンが薄⽑の原因となるDHT(ジヒドロテストロン)に転換されるのを抑制することにより薄⽑の進⾏を⽌め、発⽑を促します。

プロペシア等に代表される薬です。

 

⑤まとめ

●治療は継続が必要

●コストは軽微

●フィナステリド内服による維持療法

●維持療法に移る前に発毛治療が必要

 

以上、維持療法の継続は必要だけどコスト、費用は少額ですというお話でした。

 

薄毛にお悩みの方は必ずお力になります。

 

ベアAGAクリニック院長 清水崇裕

おすすめ記事