CATEGORY

発毛の仕組み、発毛メソセラピーについて

こんにちは。

ベアAGAクリニック院長の清水崇裕です。

 

今回は発毛の仕組み、発毛メソセラピーについてお話させていただきます。

発毛は毛包のバルジに存在する毛包幹細胞が分裂することより始まります。

しかし毛包幹細胞の分裂は様々な抑制因子(BMP等)により抑えられています。

なのでBMPを抑制すると毛包幹細胞が活性化され発毛が促進されます。

BMPに対する強い抑制作用を持つNogginというタンパク質があり、治療に用いることができます。

作用の流れをまとめると下記のようになります。

 

Nogginを投与

→BMPが抑制される

→毛包幹細胞が活性化される

→発毛がスタート

 

当院でのメソセラピーではそのNogginを含む薬液を注射することによる発毛治療を行っています。

また、当院のメソセラピーでは他の成長因子(KGF、FGF、VEGF、IGF-1等)も含まれており、これとは異なる

機序により発毛を促進します。

これに関してはまた別の記事にて書こうと思います。

 

薄毛にお困りの方はベアAGAクリニックにご相談ください。必ず力になります。

 

ベアAGAクリニック 新宿院院長 清水崇裕

おすすめ記事